Blog

/Blog/

【 二十四節気 夏至 】

本日19時7分夏至を迎えます。 夏至は一年でもっとも日が高く昼の時間の長い日。 光のエネルギーがもっともたくさん降り注ぐ日です。 3ヶ月前の春分の日、地球は傾けている地軸に対して90度真横から光を受けていました。 動き続けている宇宙でその地軸に90度真横から光が当たる瞬間は一瞬。 それが春分でした。 そこから地球は角度で太陽の周りを90度回り込み、距離で約2億5千万キロ宇宙空間を旅して今日の夏至の瞬間へと今も向かっています。

By | 2018-06-21T11:53:57+00:00 6月 21st, 2018|Categories: 暦のはなし, Nobu|

【父の日によせて】

先月三十一日に父 尚(たかし)が永眠して人生ではじめての「父のいない父の日」を迎えました。 91歳の生涯の最期の最期まで、ただただ自然に枯れていく自分の肉体に、これまたただただ寄り添い続けたその魂のたくましさには、感動と尊敬の気持ちしか湧いてきませんでした。 生きる目的なんてものではない「生きることが生きること」の体言でした。

By | 2018-06-17T10:58:16+00:00 6月 17th, 2018|Categories: 日々のこと, Nobu|

【 二十四節気 芒種 】

6月6日地球号は二十四節気で芒種を通過しています。 芒種は田植えのとき。 命を支えてくれるお米を秋の収穫に向けて植えるとき。 自分の土台を作るような、自分の命に一番大切なものを育て始めるようなタイミングです。 そして夏も初夏が終わり仲夏へ。 成長の夏の極まりへと入るということです。

By | 2018-06-13T10:27:45+00:00 6月 6th, 2018|Categories: 暦のはなし, Nobu|

【 二十四節気 小満 】

5月21日で二十四節気は小満となりました。 私の場合、春分や夏至大好き!から始まり、冬至の反転感もまたいいし、立春の始まり感も捨てがたいなどなど、二十四節気のそれぞれ魅力に触れて来て、近年この小満に大変惹わくわくします。 小満は夏至に向かった満ち込んでいる陽の気がほぼほぼ満ちました、北半球にエネルギー満タンになり始めましたよー!というとき。 ここから夏至まで世の中にエネルギーが満ち満ちている感じがたまりまへん。 実際外に出るとそんな感じするし。

By | 2018-06-21T11:55:41+00:00 5月 21st, 2018|Categories: 暦のはなし, Nobu|

【 二十四節気 立夏 】

5月5日立夏となりました。 夏です!!!!! 夏は「暑い!」ってイメージがありますから今夏!って言われても???ってかんじの人も多いと思いかと思いますが、これがまた「季節感」が身に染み込んでくるとそれなりに夏のかんじがしてくるから不思議です。笑 とにもかくにも二十四節気というのは石井ゆかりさんもその著書で言っているように「光の物語」。 刻一刻と日当たりが変わっていくことで変化していくこの地球の様子を表現したもの。

By | 2018-05-05T11:52:12+00:00 5月 5th, 2018|Categories: 暦のはなし, Nobu|