Blog

Home/Blog/

【 二十四節気 立秋 】

本日8月7日、夏の土用が終わり、地球号が立秋ポイントを無事通過して、北半球ブロックにあるここ日本の季節は秋となりました。 秋=紅葉・涼しいってイメージがありますが、これは10月の晩秋のイメージで、初秋はまだまだ残暑厳しい8月。 暑中見舞いは小暑、大暑の中で書きますが、立秋過ぎればここから残暑。 暑い!とは言え、植物たちも、成長から実りへと動きをシフトしていきます。 そんな明日8日は水無月の満月。

By | 2017-08-12T13:46:04+00:00 8月 7th, 2017|Categories: 暦のはなし, Nobu|

✢ サイトができたよ&岩手太陽舎に来た!✢

鎌倉に京ちゃんが泊まりにきて一気に加速して、先日さらに"自分の光を生きる覚悟"をfbに書いた。 驚くほどのイイねとたくさんのコメント...😭本当にみんなの愛を浴びに浴びた... わたしもやるよ!とか、今同じような状況だから、わたし自身へのメッセージにも感じたよとか、本当に共に仲間と生きてる。 怖いなんて吹き飛んだ。ありがとう、みんな✨

By | 2017-08-12T14:04:38+00:00 8月 1st, 2017|Categories: 日々のこと, Yuna|

【 二十四節気 大暑 ・ 水無月 新月 】

夏の土用の真っ最中、新暦7月23日、地球号の北半球ブロックは太陽暦で二十四節気で大暑となり、太陰暦ではその元旦から7番目の新月が重なって六月(水無月)が始まりました。 夏至でピークになったエネルギーから遅れることひと月。 いよいよ現実の「暑さ」がピークなってきます。 このひと月の遅れというか、ブランクというか、間というか、祈りから実現までの隙間というか。 このじんわりとものごとが動いていくアナログ感がこの地球号生活のいいところ。

By | 2017-07-24T20:07:29+00:00 7月 23rd, 2017|Categories: 暦のはなし, Nobu|

✢ 柴田佑奈という光のデザインを生きる覚悟 ✢

昨夜、京ちゃんとニキさんが泊まりに来た。 たまたま家にあった二本のワイン。京ちゃんの頬がピンク色になるにつれて、ガチっとスイッチが入る。 "ユナはさ、ユナの光をまだ全然生きてない!" えーー!? なんの話からだったのか細かく覚えてない。でもそれは突如として始まった。頭真っ白。 "自分でこれくらいだと思ってるかもしれないけど、ユナの光はさ、こんなものでも、こんなものでもなく、もうとにかくすごい、こんなくらいなの!"

By | 2017-07-24T20:02:22+00:00 7月 19th, 2017|Categories: 日々のこと, Yuna|

【 夏の土用に入りました 】

今日7月19日 地球号の北半球は夏の土用入りです。 通常土用は18日間になることが多いですが、地球号最遅ゾーンってこともあって1dayボーナスの19日間。 土用とはこの19日間のことで、土用入りとはその初日のことで「19日後に秋になるよ!」という合図みたいなもの。 夏も終わり秋の準備が始まります。 土用は今の季節を閉じて次の季節の準備のため。 ここから19、18、17とカウンドダウンしながら、秋へと向かっていくわけです。

By | 2017-07-20T17:16:51+00:00 7月 19th, 2017|Categories: 暦のはなし, Nobu|