惑星ピン

/惑星ピン
  • 地球暦ピン
  • 地球暦ピン

惑星ピン

¥ 540

水星から冥王星までの9つの惑星を表したピン。このピン達が地球暦上でその日の惑星の位置を表現します。

毎日動かさないといけないのですか?とよく聞かれます。もちろん毎日動かせればそれはいいし、たとえ一ヶ月ぶりでも、宇宙は何ら変わりなく動いているので大丈夫。マイペースであなたの宇宙を運行させてください。

アプリだったらどんなに楽かと言われます。しかし・・・やればわかります。アナログならではのピンを抜いてまた刺す作業。毎日でも、一週間ぶりでも、一ヶ月ぶりでも、半年ぶりでも、これを繰り返していると何故だか惑星達に愛着が湧いてきて「あー!今日もみんな動いているんだなー!」と宇宙を惑星と共に回る自分を感じます。
考案者の杉山開知さん曰く、レコード盤は針を落として初めてメロディーを奏で出す、地球暦も同様に、この地球暦という宇宙の羅針盤で針を落としてこそ、そのメロディーが流れ出すと。それはこの時空間地図にピンを刺さないと体験できないことなのかもしれません。

商品説明

それぞれの星の色、大きさのイメージになっていて、わからなくなってしまった!とよく言われるのここに書いておきましょう。太陽に近いところから・・・・小さくてくるくると回る水星は小さい青色、夜空で金色に輝く美の星金星は小さい黄色、我らが地球は小さい緑色、情熱的に赤々と輝く火星は小さな赤、太陽系で一番大きな木星は大きな黄色、次に大きな土星は大きな茶色(残念ながら輪っかはなし!)、ここから肉眼観測の外側へ・・・・・横倒しで回り続ける天王星は大きな白色、人知を超えた海王星は大きな青色、今や準惑星へと降格してしまった冥王星は地球暦ではしっかり小さな黒色で存在感を放ちます。

この惑星ピンに触れる度、あなたが宇宙を運行させる度にあなたの中の宇宙が回り出します。
針を落としてこその地球暦。
ぜひ!