松果体活性化・神秘の扉ワーク

Home/Menu/松果体活性化・神秘の扉ワーク
松果体活性化・神秘の扉ワーク 2017-02-02T01:42:24+00:00
松果体活性化

神秘の扉を開き、無限の自分を生きる

古代エジプトで「ホルスの目」として表され、哲学者デカルトは「魂のありか」「直感の座」であると明言し、キリストは「目が一つであるならば、身体中に光が溢れる」と表現した松果体。

目に見えない世界とこの世界とを繋ぐ扉であり、創造の神秘が全てここにある….そのため、バビロニア、マヤ、インド…太古から重要視され続けてきました。

松果体を活性化するという事は、無限の可能性を開く事。この神秘の扉を開く「松果体活性化ワーク」を2日間コースで定期的に開催しています。

感動が長続きしないのはなぜ?

私たちは、素晴らしいパワースポットに赴いたり、瞑想等で神秘体験をしたり、または本を読んで深く感動する….等、多くの気付き、体験を味わいます。

しかし、その気付きや高まりが長続きしない、また日常に帰ると戻ってしまう。いつもの職場、家庭、パートナーとの関わりの中で、活かせないと感じる時があるのはなぜでしょうか?

それは、その感覚的に受け取った素晴らしいものを日常で使うシステムへと落としこんでいないからなのです。

“全て在る”の世界が、生き方に変わる

この2日間のコースでは、松果体を活性化し「真の神性を生きるとはどういう事なのか」「創造のはじまりとは?」「無の視点」「”すべて在る”の世界」等を、”喜び”を柱にみなさんと一緒に解き明かしていきます。

「教えられる」のではなく、あなたがいかに価値があり素晴らしい存在かを、自分自身で思い出していくワーク。自分で見つけたものは、太い幹のように揺るがないものとなります。

松果体が活性化していき喜びで生きるほどに、創造のスピードは加速し、あなたは自分の光をいつでも好きなときに、好きな事をして自分を満たす事ができるようになるでしょう!